連勝止まる。

なかなか更新できません。

はやり時間がない。

自分の時間がない。

でも相方はもっと時間のない中頑張っている。

ちょっと一息入れているこの時間。

先月のプロ野球観戦について。

父親になってからの観戦は13連勝中と快進撃中の我が巨人軍。baseball

公務友人のドラ吉とナゴヤへ。

実は2年連続の観戦。

去年はチェンを打ち崩し勝利したが、今年は吉見に完敗。

それも不甲斐ないゴンザレスが先発試合。

試合前から敗戦濃厚ツアーでした。crying

連勝は止まったが、ナゴヤツアーはまだまだ続く。coldsweats01

「DSCN2062-2.JPG」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星野ジャパン

長嶋さんや王さんの体調が芳しくない故に、野球日本代表の監督に星野仙一さんの名前が挙がっている。

巨人ファンのオイラとしては、アンチ巨人としての星野さんを受け入れにくい?とお思いかも知れませんが、星野さんは好きです。

巨人を指摘するときも的を得てるし、プロ野球界全体のことを考えてくれているからだ。

そんな星野ジャパンが結成されたときの日本代表メンバーを考えてみた。

投手(先発) 松坂(レッドソックス)

投手(抑え) 藤川(阪神)

捕手 城島(マリナーズ)

一塁手 小笠原(巨人)

二塁手 井口(ホワイトソックス)

三塁手 岩村(デビルレイズ)

遊撃手 川崎(ソフトバンク)

外野手 イチロー(マリナーズ) 松井(ヤンキース) 福留(中日)

指名打者 松中(ソフトバンク)

打順は悩むなぁ。

って俺がコーチの招聘を受けているわけではないけどね。

このメンバー見たらやっぱりいい選手はメジャーだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本のプロ野球

こんなタイトルを書いても、今更誰も興味を持ってもらえないとは思うけど、隠れ原監督ファンやエセ阪神ファンが読んでいてくれてると信じて書き込みます。

今年もFAだトレードだとプロ野球のオフシーズンの話題は尽きません。

その中でも大きく話題になっているのがポスティングシステム。

簡単に言うと、移籍の自由が認められるFA権取得前に、メジャーリーグに移籍できることを球団が独自の判断で認めることができる制度。

当時オリックスに在籍していたイチローのためにできた制度。

その制度を使って今年も多くの日本人選手がアメリカへと移籍する。

ヤクルトの岩村。阪神の井川。そして西武の松坂。

いずれも日本球界を代表する屈指の選手達。

アメリカでの活躍も可能性高い話だと思います。

もちろん、有能な選手がアメリカで活躍することは嬉しいことだし、そんなことあかんと言うてるほど鎖国な考え方があるわけでもありません。

でもこのポスティングシステム、オイラは反対です。

巨人ファンだからどうのこうのってのは皆目なくて、日本のプロ野球のマイナー化が心配なんです。

松坂がアメリカで松井と対決、とか、

田口が新庄に続いてワールドシリーズで安打、とか。

個人選手の話題はマスコミを通じていつでも知ることができるけど、アメリカに行った選手を追いかけているだけで、本来の野球を応援するって、そのチームの勝敗が一番大事になってくる訳で、そんなファンの気持ちに応えようと選手も奮闘するわけで、そんな一喜一憂が日本のプロ野球には残っているんです。

阪神やソフトバンクにロッテの応援なんてその顕著なもの。

あのファンの熱意は選手はもちろん球団を応援しているから。

でもアメリカに選手が流出して、一球一球の勝負に注視することがなくなってくるような気がして。

イチローのいるマリナーズは万年下位を低迷し、松井がいるヤンキースは松井が移籍してからワールドシリーズで勝てない。

そんな勝負の中の一喜一憂を感じたいから。

だからそんな関心を薄れさせてしまうポスティングシステムには反対です。

でも、岩村や井川や松坂の活躍を期待しているのも事実です。

野球は変わりつつある過渡期なんだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガッツ入団

相方のお腹の中で頑張っている(仮称)ガッツの誕生まで後1ヶ月と差し迫った今日、北海道のガッツが東京への移籍を決めた。

そう、ガッツこと小笠原道大(日本ハム)が巨人への入団を発表した。

小久保の抜けた穴を埋めてくれると期待は高まるが、ジャイアンツはどこへ行くの?

でも2007年も【I am GIANTS】で。

Img1254 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桑田 強し

ドラフト会議の時の

「読売 桑田 真澄 18歳 投手 PL学園」

という響きが懐かしい。

あれから約20年。

巨人軍一筋だった桑田真澄がジャイアンツを去る。

巨人を最後でユニホームを脱ぐと引退後がばら色、なんて巨人神話はもうない。

こんな時代は松井秀喜が去ったときから始まっていたのかも知れない。

松井がFA会見するときには、読売の首脳は同席せず、背面に読売の看板も上げなかった。川相は引退を発表したのに、中日に移籍した。清原なんてそんな場さえ与えられなかった。そして桑田。

Img66105 彼には球団首脳も同席し、見ての通り、背面にはアディダスとジャイアンツの看板が。

円満解決をアピールしたかったのか・・・。

でも彼はアメリカに行くと言う決断をしたけど、読売とのパイプは絶やさないと明言した。

読売としても桑田をサポートし、桑田をアメリカで得たものを生かして、巨人のコーチとして戻ってくるのだろう。

もし、桑田が巨人と決別し移籍していたなら・・・・。

オイラは巨人に対する熱意冷めていたかも知れない。

相方が貴金属でお世話になっているお店のG党にも励まされました。

でもまだ問題は残っています。

小久保です。

是非ジャイアンツで優勝を経験して欲しい。

日ハムの小笠原は今や小久保を越える能力を持ってはいるが、そんな気持ちで小笠原の獲得に動いても、またG党減っちゃうはず。

こんなことも読売首脳陣はご理解していただいているのだろうか。

巨人ファンなのに読売ファンにはなれない大阪のG党です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新庄さん

名古屋と札幌でプロ野球日本シリーズが盛り上がっています。

大阪では結構冷静に関心を寄せています。

今日(26日)現在3勝1敗で日本ハムの王手となっています。

どっちのチームを応援しているわけでもないけど、関心があるのはただ一つ。

新庄選手です。

彼がペナントレースで引退を発表してから日本ハムの快進撃は始まりました。

とても古い日本のプロ野球体質は彼を非難することが多かったけど、今日までのこと振り返ると、新庄選手のおかげでプロ野球は盛り上がってるんですよ。

これで日本ハムが日本一になったら、もう彼のための日本シリーズだったとしか思えないです。

新庄さまさまです。

阪神も巨人も勝てなかった中日に、簡単に王手を取った日本ハム。

来シーズンは新庄選手、いや新庄さんに中日の攻略法を阪神も巨人も教えてもらわないといけないかもです。

名古屋のファンには申し訳ないけど、多くのプロ野級ファンは新庄選手を応援しているような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人ファン

芸能界にどれくらいジャイアンツファンが居るんだろう。

ちょっと調べて見た。

【ジャイアンツファンの芸能人】←こんな感じ。

結構いるんやんね~。

来年こそ胴上げ見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑田真澄

読売ジャイアンツの桑田投手が自身のサイト【LIFE IS ART 18】でコメントを発表した。

明日、つまり今日でジャイアンツのユニフォームを着るのは最後だろう、と。

今日は2軍で湘南(横浜ベイスターズの2軍)戦である。

彼がこの試合を引退試合にするとは思えない。

退団?移籍?戦力外通告?

入団時に不透明な話はあったが、彼が巨人に貢献した度合いは計り知れない。

そんな彼だからこそジャイアンツのユニフォームで野球人生を終えて欲しい。

他球団のユニフォーム姿は見たくない。

200勝まであと27勝。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

終戦~暗黒の時代へ~

少し報告が遅れましたが、先日(9月7日)に甲子園に出撃してまいりました。

相方含めてG党4人で。

阪神甲子園球場は今年からビジターチーム用に指定席を設けてくれたからG党が集まっての応援でした。

結果は『巨人3-0阪神』で完封勝利。

思わず嬉しくてGユニホーム着たまま梅田まで帰っちゃいました。

ちなみに今年の観戦結果は2勝1敗。

原ジャイアンツは少しずつ光が見えています。

よく見て見るとセントラルリーグで負け越しているのは中日だけ。

他の5球団には勝ち越しているんだよ。何気に。

暗黒の時代はもうしばし我慢が必要だが、気長に見守っていこう。

誰かこれ↓買ってください。

Ad0724 ←とある雑誌で見つけちゃいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

M40

M40。

聞きたくはなかった数字が過日現れた。

ウルトラマンがやってくる遥かかなたの彗星ではない。

宿敵ドラゴンズの優勝へのマジックだ。

簡単に言うと後40勝すればドラゴンズは優勝である。

タイガースが全勝してももう届かないのである。

そんな中我がジャイアンツは4位~6位をウロウロしている。

そんなところウロウロしてたってファンは喜ばない。

原監督の苦悩が伝わるだけに最後まで奮起を期待を切に願ってはいるが。

ドラゴンズファンにおめでとうと言うにはまだ早すぎる。

うちの職場にはタイガース・カープ・ベイスターズの熱狂的ファンもいる。

盆が明けたらドラゴンズを叩きにいこう。

5球団の力を結集して。

落合監督は好きにはなれないが、認めざるを得ないのだろう。

追伸

タイガースの矢野選手の退場劇。

暴力はいけないのはタイガースファンだって理解しているとは思うが、あれは誰が見たってファール。

昔はジャイアンツひいきの判定が多いって言われたけど、昨今は審判の技術低下が否めない気がする。

だから選手との信頼もなくなるし、審判の威厳だって低下する。

だから今年は監督や選手の退場劇が多いような気がする。

俺が本心からジャイアンツを応援していた頃、相手球団との乱闘ってのは多かったけど、ここまで審判との関係はギクシャクしていなかったような気がするな。

このままじゃプロ野球離れが止まらない。

そんな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧