« ガッツ入団 | トップページ | ルミナリエ≒トシナリエ »

日本のプロ野球

こんなタイトルを書いても、今更誰も興味を持ってもらえないとは思うけど、隠れ原監督ファンやエセ阪神ファンが読んでいてくれてると信じて書き込みます。

今年もFAだトレードだとプロ野球のオフシーズンの話題は尽きません。

その中でも大きく話題になっているのがポスティングシステム。

簡単に言うと、移籍の自由が認められるFA権取得前に、メジャーリーグに移籍できることを球団が独自の判断で認めることができる制度。

当時オリックスに在籍していたイチローのためにできた制度。

その制度を使って今年も多くの日本人選手がアメリカへと移籍する。

ヤクルトの岩村。阪神の井川。そして西武の松坂。

いずれも日本球界を代表する屈指の選手達。

アメリカでの活躍も可能性高い話だと思います。

もちろん、有能な選手がアメリカで活躍することは嬉しいことだし、そんなことあかんと言うてるほど鎖国な考え方があるわけでもありません。

でもこのポスティングシステム、オイラは反対です。

巨人ファンだからどうのこうのってのは皆目なくて、日本のプロ野球のマイナー化が心配なんです。

松坂がアメリカで松井と対決、とか、

田口が新庄に続いてワールドシリーズで安打、とか。

個人選手の話題はマスコミを通じていつでも知ることができるけど、アメリカに行った選手を追いかけているだけで、本来の野球を応援するって、そのチームの勝敗が一番大事になってくる訳で、そんなファンの気持ちに応えようと選手も奮闘するわけで、そんな一喜一憂が日本のプロ野球には残っているんです。

阪神やソフトバンクにロッテの応援なんてその顕著なもの。

あのファンの熱意は選手はもちろん球団を応援しているから。

でもアメリカに選手が流出して、一球一球の勝負に注視することがなくなってくるような気がして。

イチローのいるマリナーズは万年下位を低迷し、松井がいるヤンキースは松井が移籍してからワールドシリーズで勝てない。

そんな勝負の中の一喜一憂を感じたいから。

だからそんな関心を薄れさせてしまうポスティングシステムには反対です。

でも、岩村や井川や松坂の活躍を期待しているのも事実です。

野球は変わりつつある過渡期なんだろうね。

|

« ガッツ入団 | トップページ | ルミナリエ≒トシナリエ »

東京読売巨人軍」カテゴリの記事

コメント

えせ阪神ファンのうちにはちと難しい…
また会ったときに語ってくんろ。

投稿: のりへ | 2006年11月24日 (金) 23時12分

語ると長くなるから聞かないほうがいいかもよ。(苦笑)

投稿: としぞう | 2006年11月25日 (土) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162119/12808034

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のプロ野球:

« ガッツ入団 | トップページ | ルミナリエ≒トシナリエ »