« 自分色、何色。 | トップページ | 更衣中 »

桑田 強し

ドラフト会議の時の

「読売 桑田 真澄 18歳 投手 PL学園」

という響きが懐かしい。

あれから約20年。

巨人軍一筋だった桑田真澄がジャイアンツを去る。

巨人を最後でユニホームを脱ぐと引退後がばら色、なんて巨人神話はもうない。

こんな時代は松井秀喜が去ったときから始まっていたのかも知れない。

松井がFA会見するときには、読売の首脳は同席せず、背面に読売の看板も上げなかった。川相は引退を発表したのに、中日に移籍した。清原なんてそんな場さえ与えられなかった。そして桑田。

Img66105 彼には球団首脳も同席し、見ての通り、背面にはアディダスとジャイアンツの看板が。

円満解決をアピールしたかったのか・・・。

でも彼はアメリカに行くと言う決断をしたけど、読売とのパイプは絶やさないと明言した。

読売としても桑田をサポートし、桑田をアメリカで得たものを生かして、巨人のコーチとして戻ってくるのだろう。

もし、桑田が巨人と決別し移籍していたなら・・・・。

オイラは巨人に対する熱意冷めていたかも知れない。

相方が貴金属でお世話になっているお店のG党にも励まされました。

でもまだ問題は残っています。

小久保です。

是非ジャイアンツで優勝を経験して欲しい。

日ハムの小笠原は今や小久保を越える能力を持ってはいるが、そんな気持ちで小笠原の獲得に動いても、またG党減っちゃうはず。

こんなことも読売首脳陣はご理解していただいているのだろうか。

巨人ファンなのに読売ファンにはなれない大阪のG党です。

|

« 自分色、何色。 | トップページ | 更衣中 »

東京読売巨人軍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162119/12547455

この記事へのトラックバック一覧です: 桑田 強し:

« 自分色、何色。 | トップページ | 更衣中 »