« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ルミナリエ≒トシナリエ

神戸のルミナリエは有名だけど、大阪南河内でやっている「トシナリエ」の点灯式が今日あったので行ってきた。

Cimg2053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のプロ野球

こんなタイトルを書いても、今更誰も興味を持ってもらえないとは思うけど、隠れ原監督ファンやエセ阪神ファンが読んでいてくれてると信じて書き込みます。

今年もFAだトレードだとプロ野球のオフシーズンの話題は尽きません。

その中でも大きく話題になっているのがポスティングシステム。

簡単に言うと、移籍の自由が認められるFA権取得前に、メジャーリーグに移籍できることを球団が独自の判断で認めることができる制度。

当時オリックスに在籍していたイチローのためにできた制度。

その制度を使って今年も多くの日本人選手がアメリカへと移籍する。

ヤクルトの岩村。阪神の井川。そして西武の松坂。

いずれも日本球界を代表する屈指の選手達。

アメリカでの活躍も可能性高い話だと思います。

もちろん、有能な選手がアメリカで活躍することは嬉しいことだし、そんなことあかんと言うてるほど鎖国な考え方があるわけでもありません。

でもこのポスティングシステム、オイラは反対です。

巨人ファンだからどうのこうのってのは皆目なくて、日本のプロ野球のマイナー化が心配なんです。

松坂がアメリカで松井と対決、とか、

田口が新庄に続いてワールドシリーズで安打、とか。

個人選手の話題はマスコミを通じていつでも知ることができるけど、アメリカに行った選手を追いかけているだけで、本来の野球を応援するって、そのチームの勝敗が一番大事になってくる訳で、そんなファンの気持ちに応えようと選手も奮闘するわけで、そんな一喜一憂が日本のプロ野球には残っているんです。

阪神やソフトバンクにロッテの応援なんてその顕著なもの。

あのファンの熱意は選手はもちろん球団を応援しているから。

でもアメリカに選手が流出して、一球一球の勝負に注視することがなくなってくるような気がして。

イチローのいるマリナーズは万年下位を低迷し、松井がいるヤンキースは松井が移籍してからワールドシリーズで勝てない。

そんな勝負の中の一喜一憂を感じたいから。

だからそんな関心を薄れさせてしまうポスティングシステムには反対です。

でも、岩村や井川や松坂の活躍を期待しているのも事実です。

野球は変わりつつある過渡期なんだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガッツ入団

相方のお腹の中で頑張っている(仮称)ガッツの誕生まで後1ヶ月と差し迫った今日、北海道のガッツが東京への移籍を決めた。

そう、ガッツこと小笠原道大(日本ハム)が巨人への入団を発表した。

小久保の抜けた穴を埋めてくれると期待は高まるが、ジャイアンツはどこへ行くの?

でも2007年も【I am GIANTS】で。

Img1254 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若者達へ

ノーマルにハイポジ、メタル。

この3種に聞き覚えのある人。

オイラと同世代ですね。

でも今時の若者には通じません。

メタルの音質に惹かれて、お小遣いを叩いたあの日。

でもメタルってヘッドによくないんだ、と聞いて、クリーニングセットを買ったあの日。

結局たくさん買うならノーマル、でもお気に入りはハイポジ。

なんて使い分けてたっけ。

そんな3種ももうこの世から消えようとしています。

気持ちはいつまでもハイポジで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新型スマート発表

2007年発売予定の新型スマートが正式に発表されました。

【本国サイト】で公開されています。

ちょっと画像拝借してきました。

1a 先代のイメージを踏襲してますね。

エンジンが三菱製になるとか。

インパネは?

13a こんな感じです。

うぉ~。

日本に正規輸入されたら見に行こうっと。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

物欲

ネット散策してたらこんなの見つけました。

【これ】欲しいです。

画面左下のQSS09がが欲しいです。

週末探しに行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更衣中

Cimg1977hp_2 昨日までのスマート。

フォグランプの装着前ですが、

やっぱいい感じ。

でも・・・。

Cimg2020_1 訳あってヤナセに入院。

ヤナセのサービス工場に入らせていただきました。

パネルを外すとこんな顔になります。

で・・・・。

Cimg2021退院した今日のスマート。

何かが変わっています。

お気づきでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑田 強し

ドラフト会議の時の

「読売 桑田 真澄 18歳 投手 PL学園」

という響きが懐かしい。

あれから約20年。

巨人軍一筋だった桑田真澄がジャイアンツを去る。

巨人を最後でユニホームを脱ぐと引退後がばら色、なんて巨人神話はもうない。

こんな時代は松井秀喜が去ったときから始まっていたのかも知れない。

松井がFA会見するときには、読売の首脳は同席せず、背面に読売の看板も上げなかった。川相は引退を発表したのに、中日に移籍した。清原なんてそんな場さえ与えられなかった。そして桑田。

Img66105 彼には球団首脳も同席し、見ての通り、背面にはアディダスとジャイアンツの看板が。

円満解決をアピールしたかったのか・・・。

でも彼はアメリカに行くと言う決断をしたけど、読売とのパイプは絶やさないと明言した。

読売としても桑田をサポートし、桑田をアメリカで得たものを生かして、巨人のコーチとして戻ってくるのだろう。

もし、桑田が巨人と決別し移籍していたなら・・・・。

オイラは巨人に対する熱意冷めていたかも知れない。

相方が貴金属でお世話になっているお店のG党にも励まされました。

でもまだ問題は残っています。

小久保です。

是非ジャイアンツで優勝を経験して欲しい。

日ハムの小笠原は今や小久保を越える能力を持ってはいるが、そんな気持ちで小笠原の獲得に動いても、またG党減っちゃうはず。

こんなことも読売首脳陣はご理解していただいているのだろうか。

巨人ファンなのに読売ファンにはなれない大阪のG党です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »