« 巨人ファン | トップページ | 新型カローラ »

9.11

連休ということもあって、洋画を二本見てきました。

【ユナイテッド93】【ワールドトレードセンター】

両作品とも、5年前アメリカ合衆国を襲った悪夢の一日をドキュメントとして伝えている。

前者はテロ犯と戦った航空機内のストーリー。

後者はWTC内に救出に向かった警官の家族愛。

いずれも想像や空想の世界でなく、現実をリアルに再現した作品。

それゆえに映画から伝わる力は今までにないものがあった。

あの日を境にアメリカは一致団結し、日本も同調し、世界の悪をしらみつぶしに倒しに進むのだが、あの日以来、世界の情緒は不安定なままである。

Google Earthで地球を見たって、そんな雰囲気は察知できない。

地球と言う惑星に人類は共存していかないと未来は無い。

そんなことをも感じたこの2作品だった。

そんな硬いブログは今日だけです。

明日以降はまた『ほんわか系』で行かせていただきます。

早々。

|

« 巨人ファン | トップページ | 新型カローラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして、としぞうさん。長文失礼します。
この「WTC」の方は賛否両論が大きいと聞きますが、911映画二本鑑賞とは凄いですね。だだ、いまアメリカで再検証されている公式ストーリーを基にしていますよね。10日まで重要な生還者のロドリゲス氏が来日していました。(リンク参照)

「ツインタワーの崩壊は火災が原因」というが、調査委員会の公式見解ですが、「計画的な制御破壊」がビルの崩落させたと追及する、9/11 TRUTH映画「Loose Change=ルース・チェインジ」が話題なのをご存知でしょうか?ディラン・エイブリー監督(22歳)の作品が世界中で旋風を巻き起こしています。日本でも何とか10月末にDVD発売。「ネット無料配信」も決定したそうです。

これを観ると「911映画」を違った角度から考える事が出来るかも知れません。最新NYタイムズ+CBS調査では16%のみが政府発表が真実と思っています…。「ルース・チェインジ」=「ルースチェンジ」の米国・TV紹介など詳しくは下記BBSの「9月21日」を。↓ NHKも報じない9月11日のNYでの「真実を求める」デモ動画。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv

尚、投稿内容やリンク先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/idx/?mycategory_id=31024
http://8136.teacup.com/empire/bbs

投稿: White・Rabbit | 2006年10月17日 (火) 00時32分

初めまして。コメントありがとうございます。
9.11はリアルタイムで見た初めてのテロの脅威だと思いました。
そんな事案をテレビと言うマスコミだけを通じて見るのではなく、リアルに起こったことを今一度知りたいと思ったのがこれらの映画を見たいと感じたきかっけです。
映画としては賛否両論あると思いますが、その事実を知ることだけでも見た甲斐があったと思っています。
だから教えてくださった「ルース・チェインジ」も是非見たいと思います。
またコメントしてくださいね。

投稿: としぞう | 2006年10月19日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162119/12209766

この記事へのトラックバック一覧です: 9.11:

« 巨人ファン | トップページ | 新型カローラ »