« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

新顔

やってきました。

Cimg1861hp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥飛騨温泉

報告遅れましたが行ってきました、奥飛騨温泉に。

8月20日~21日の1泊2日で。

何度か書きましたが、セレナのお別れ旅でもありました。

初日はとりあえず大阪からまっすぐ奥飛騨温泉平湯【山荘湯乃里】に向かったとです。

チェックインが3時だったので、夕御飯まで時間があるってことで外湯めぐりをしてきましたとさ。

Cimg1834hp ←こんな感じでしたどばい。

お外国のお人達も入ってました。

ちょっと鉄分の入った硫黄のにほいが漂ういい温泉でした。

宿に戻ったら飛騨牛・川魚・お刺身・山菜の食膳をいただき、ちょっとゆっくりさせていただいたばい。

そして夜には宿のヒノキ風呂に。

これまた同じ湯源の温泉でした。

Cimg1841hp ←宿にはこんなお犬も居ました。

ちょっとわがままでお鳴きさんの雑種?でしたばい。

翌日は朝からお約束の朝食いただいて、また温泉入ってきました。

今回は露天風呂。温泉尽くめですばい。

チャックアウト後帰路に就くわけですが、このまま帰る訳にも行かず、道中の高山に寄る事としました。

そりゃぁ高山ラーメン食べにですよ。

ラーメン通南河内代表のオイラとしても譲れない場所でしたから。

そんなラーメンを目的としていた高山なんやけど、ふとした瞬間に「山下清原画博」やってたんで寄っちゃいました。

Cimg1852 ←ここです。

小さい頃、「裸の大将」好きだったんです。

ぶっちゃけちゃいました。

そんなのんびりした旅も無事終えて大阪に戻ってきました。

セレナお疲れ様。

明日が本当にサヨナラなんですよ。

イメージはGAOの「サヨナラ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰還

往復760kmの旅、無事帰還してまいりました。

早速旅日記アップしようと思いましたが、今日は早めに就寝に就くこととします。

しばし、相方がステップワゴンを追跡している画像でお楽しみください。

Cimg1858hp ※中日本道路株式会社 東海北陸自動車道 下り車線にて。

制限速度80km/hのところを幾分速度超過気味ではあるが、ナビとETC片手にホンダステップワゴンを追跡している相方。

なお、この画像は我輩が後部座席で休憩中に撮影しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

行ってきます

仕事柄お盆休みはなかったので、今日から避暑地に逃亡します。

大阪から撤収します。

行き先は「さようならブログ」でも書き留めた【奥飛騨温泉】です。

相方がずっと前から行きたがってた奥飛騨温泉。

1泊2日の短い旅だけど、癒されて帰ってきます。

そしてマイセレナーデともお別れになっちゃいます。

戻ってきたら写真入でブログアップしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中上

我輩は中の上らしい。

苦笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M40

M40。

聞きたくはなかった数字が過日現れた。

ウルトラマンがやってくる遥かかなたの彗星ではない。

宿敵ドラゴンズの優勝へのマジックだ。

簡単に言うと後40勝すればドラゴンズは優勝である。

タイガースが全勝してももう届かないのである。

そんな中我がジャイアンツは4位~6位をウロウロしている。

そんなところウロウロしてたってファンは喜ばない。

原監督の苦悩が伝わるだけに最後まで奮起を期待を切に願ってはいるが。

ドラゴンズファンにおめでとうと言うにはまだ早すぎる。

うちの職場にはタイガース・カープ・ベイスターズの熱狂的ファンもいる。

盆が明けたらドラゴンズを叩きにいこう。

5球団の力を結集して。

落合監督は好きにはなれないが、認めざるを得ないのだろう。

追伸

タイガースの矢野選手の退場劇。

暴力はいけないのはタイガースファンだって理解しているとは思うが、あれは誰が見たってファール。

昔はジャイアンツひいきの判定が多いって言われたけど、昨今は審判の技術低下が否めない気がする。

だから選手との信頼もなくなるし、審判の威厳だって低下する。

だから今年は監督や選手の退場劇が多いような気がする。

俺が本心からジャイアンツを応援していた頃、相手球団との乱闘ってのは多かったけど、ここまで審判との関係はギクシャクしていなかったような気がするな。

このままじゃプロ野球離れが止まらない。

そんな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら

別れの日が近づいている。

6年半共に暮らしたマイセレナーデ。

そう、日産セレナである。

初めて買った新車だった。

いたって健康で6歳と半年を一緒に過ごしてきた。

そんなマイセレナーデとのお別れまでカウントダウンが始まっている。

今朝から最後の最後にきめ細かい洗車をしてあげた。

Cimg1730  ←別れが決まってからというもの、ちょっとご機嫌斜めのマイセレナーデだったけど、綺麗になって少しは機嫌も戻ったでしょうか。

そんなマイセレナーデとのお別れまでに相方と3人で【奥飛騨】までお泊り旅行に行く予定です。

最後の最後に久々の遠出だから、マイセレナーデがダウンしないかなぁ。

そんなことをも考えながらのカウントダウンです。

次に我が家にやってくるお仲間のお話はまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼鏡

我輩の自動車運転免許証には条件が付いている。

眼鏡等

写真も眼鏡をかけて写っているのだからここまで書かなくてもいいだろう、というくらい大きく

眼鏡等

と書いてある。

そんな我輩が視力1.0を切ったのは中学生の頃だった。

その頃からだと今は何代目の眼鏡になっているのだろうか。

大江千里ばりの鼈甲眼鏡もしてました。

Album_escb1247 ←こんなんです。

ちなみに大江さんとは家が近くて出身学校も一緒だったりします。

顔も似ていると数回言われた記憶が・・・・。

縁なし眼鏡もしてました。

そんな眼鏡は今誰もしてません。大江千里もね。

そんな昨今眼鏡男子ブームが来ているとか。

ほんまか?

ここでマイ眼鏡レパートリーを紹介しましょう。

え?見たくないって?眼鏡を見て我輩の顔を想像するのもいいんじゃないでしょうか?

Cimg1785hp1 ←①まずはベーシック眼鏡。

我輩の仕事用です。

持っている眼鏡の中では比較的レンズが大きめで仕事に適していると判断しています。

Cimg1788hp2_1 ←②これはセカンド眼鏡

仕事とプライベート両用です。

【報道ステーション】に出ている古館伊知郎さんをイメージして作りました。

でもイメージなんてあくまでもイメージです。

Cimg1786 ←③これはいわゆるサングラスです。

車に常駐させております。

運転中は基本的にこれを装着しておりますが、そのまま外出先でずっと装着なんてのも結構ありです。

そう言った観点からも完全プライベート用眼鏡と言ってもいいでしょう。

Cimg1790hp3_1 ←④最後はこれです。

実は昨日買っちゃいました。買っていただきました。

相方からのプレゼントです。

主目的はまだ判断しかねていますが、デザイン的には一番気に入ってます。

仕事に支障なければ週明けから装着予定です。

そんなTPOに合ったか合っていないかは分かりかねますが、みなさんはどの眼鏡が我輩に似合っているとお思いでしょうか?

顔をご存じない方もあくまでもイメージで投票していただけませんでしょうか?

①~④でご投票お願いしますです。

ってこんなときに限ってコメントないんでしょうかぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏模様

昨日、久々に有給休暇をいただきまして、キングに行ってきました。

キングと言ってもキング【カズ】ではありません。

大阪毎日放送主催の【オーサカキング】です。

※リンクサイトは開催が終わると閉鎖される予定だそうです。

テレビ局主催のこういった夏のイベントは最近流行だけど、実を言うとオーサカキングが元祖だったりする。

だからあえて平日を選んで行ってみた。

会場のメインステージでライオンキングが踊っている。

Main_rogo ←このキャラクターである。

お世辞にも愛想があるわけでもないし、子どもうけしそうでもない。

と思うのは大人だけらしい。

会場にいる家族連れの子どもたちは大はしゃぎである。

上の画像では表現しきれていないが、首から下は丸っきり人間の等身なのである。

ぶっちゃけ不気味だ。

そのライオンキングが4人も踊っている。

苦笑いである。

イベントはそこそこに会場を歩いて見た。

毎日放送の【せやねん】のモナカは美味だった。

フランクフルトを二本も食べてしまった。

ブログに書き留めるとたわいもない感じもあるが、それなりに意義のある一日だった。

そしてその日、ジャイアンツは最下位に落ち着いた。

そんな夏模様である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PL教祖祭

今日は1年に一度の宗教法人PL教の教祖祭です。

所謂PL花火大会です。

ご存知の方も多いはず。

何てたってアイドル・・・世界一ですから。

だから昼からの業務も比較的静かに過ごせています。

だから定時でまっすぐ帰ることにしよう。

もう近くて見ることに体力の限界を感じているから・・・・。

早々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »