« マイセレナーデ | トップページ | ゴボウで誤報 »

走る歩く走る。

昨日走って(?)きました。

「河内長野シティマラソン」

オイラの職場の先輩方や、相方の職場の同僚たち、都合10人ほどでトライしてきました。

どんな意気込みだったかというのは過日のブログ「前年比○○%」をもう一度読んでいただきたい。

目標は高かった。

高ければ高いほど甲斐が生まれると信じていたから。

新春の門真で相方に事実上の敗北感を味わったから、今回は限界を越えようと心に決めていた。

その決意はもろくも崩れ去る。

3kmを通過した段階から下半身が動かない。

脳が命令を出しても肉体が拒絶する。

オイラの中の悪魔がささやく。

「もう歩いていいよ。歩こうよ。」

天使も小さい声でつぶやく。

「限界を超えるんじゃなかったのか!」

そんな悪魔と天使の言い争いの結果なんて見えている。

それはオイラが自分に優しいから。

悪魔さんありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回はそんな格闘も長続きはしなかった。

やっぱり宣言した通り1時間を切りたいのである。

自分にご褒美を差し上げたいのである。

それを考えた瞬間、オイラは我武者羅になりました。

右足が上がらない。まっすぐ走れない。あごが空を向いている。

想像して下さい。結構ぶさいくな走りです。

でも今シーズン最後の走りです。

最後はカールルイス(知ってる?)並みの走りでゴールラインを切りました。

タイムは???

1時間5分20秒。

門真よりは約2分ほど早いタイムやったけど、自己ベストには約3分及ばない。

これはまだまだご褒美は上げれない。

やはり1時間と言う壁は板門店のように高い。

でもブフレや愛読者から褒められたら、少しはご褒美してもいいかな、ってまた悪魔がささやいている。

そんな悪魔が大好きだ。

|

« マイセレナーデ | トップページ | ゴボウで誤報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よく頑張りましたね。すごいことです。あたしは、自慢じゃないけど、短距離は早かったんですよ!選手に選ばれたりもしましたが、長距離はダメ。絶対あたしだったら、歩いてるわ。って言うか、マラソンは、あたしには縁のないもんです。1時間も、よく走れますね~すごいです。
ご褒美の○ーゴ(あっ却下でしたね。)ご褒美はなし? 魅力的なインナーはいかがな物でしたか? 

投稿: 剛子 | 2006年2月20日 (月) 11時03分

お褒めいただいておおきにどす。
実はオイラも短距離でした。全盛期は100m12秒台だったかと思います。(別に早くない?)
1時間暇ですよ~。考えることを探しながら走ってます。
魅力的なインナーは途中ずれてきてパンツ丸見えでした。想像しないで下さい。
剛子さんも走ってみませんか?ゴールに剛が待ってるかもよ。ジャイ子の兄さん「剛田剛」が・・・。

投稿: としぞう | 2006年2月20日 (月) 11時32分

としぞうに完敗したぞうぞうです。
言い訳はしません。
でも、あんなコースなしやろ!!と仲間内で話しております。
どんなコースか気になった方は来年走ってみられては?
剛子さんもいかがですか?
私が走り始めたきっかけは、周りが走り始めたのもありますが、自分の平均余命は後36年あると分かった時からです。
としぞうの平均余命は26年。
仮に一生の伴侶となり得たとしても私は10年間未亡人。
持つべきものは子どもと女友達とある程度の資金と健康!と確信しました。
友達を大事にして、貯金・個人年金もしておいて、後は健康!と思った時、健康だけは今からの努力でないとどうにもならない!!お金では買えない!!と思ったので、身近なマラソンを始めました。
泳ぐことが好きな私ですが、一人で道具のいらないマラソンを始めてみました。

しかしマラソンは自分との戦いと思い知らされている今日この頃です(涙)

投稿: ぞうぞう | 2006年2月20日 (月) 23時28分

先のコメントの訂正をさせていただきます。
私の年齢の平均余命は56年。
としぞうの年齢の平均余命は46年です。
まだ私らは中年夫婦ではございませんので悪しからず・・・

投稿: ぞうぞう | 2006年2月21日 (火) 00時14分

オイラの平均余命26年やったら、俺は48で死ぬんかい!と突っ込んでやりました。
このコメントには突っ込まないでくださいね。

投稿: としぞう | 2006年2月21日 (火) 10時46分

としぞうさん、ぞうぞうさんにいかがですか?とお勧めいただきましたが、やっぱり、ダメだわ~ とても、走れそうにありません。運動神経は悪くないと、思うのですが、マラソンは、見るのは好きですが、実践するのは苦手です。友達の妹が、大阪国際女子マラソンに何度か出場し応援に行かせてもらいましたが、あんなスピードで、何時間もよく走れるなと、ホント尊敬します。お二人も尊敬いたします。何かに一生懸命になれるものがあると言うのは、素敵な事です。それが、あたしには、つよちゃんです。

投稿: 剛子 | 2006年2月21日 (火) 11時22分

確かに本格的なマラソンとなると殆ど全力疾走ですもんね。
でもあそこまでは求めないとしても、自分が決めたらいつでもどこでも始められます。
剛子さん!つよちゃんがマラソン始めたらどうする?
光一フリークの同僚も誘ってるのですが、なかなかいい返事が返ってきません。
あぁ、来シーズンが待ち遠しい。(ちょっと大げさですけど・・・。)

投稿: としぞう | 2006年2月21日 (火) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162119/8750851

この記事へのトラックバック一覧です: 走る歩く走る。:

« マイセレナーデ | トップページ | ゴボウで誤報 »