« 上戸 彩 | トップページ | デザイン一新 »

阪神・淡路大震災

あの震災から今日で11年です。

テレビはどのチャンネルを回しても当時の震災を振り返っています。

当時のことは今でもはっきり覚えています。

大阪南河内でも大きな揺れを感じました。

実家の2階で寝ていたのですが、揺れを感じた瞬間は地震だと思いませんでした。

本当の話ですが、「戦争が始まって爆弾が落ちたんだ。」「いや、地面から怪獣が出てきたんや。」と瞬時に思いました。笑い話でなく本当です。

実際、阪神間では家屋の倒壊や高速道路までもが倒れましたもんね。

当日は大学の後期試験でした。

携帯電話なんてなく、家の加入電話から大学に電話しました。つながりません。

電車も動いてるのか?最寄り駅に電話しました。つながりません。

今から考えると当たり前ですよね。

どうしようもなかったので車で最寄り駅まで向かいました。やっぱり電車は動いていませんでした。

帰宅後、今日はどうしようもないと判断して、再度寝たことを思い出します。

夕方、どうしようもなく被害を伝えるテレビを見ていると、インターホンが鳴りました。

玄関にでると大学の同じ学科の友人Gが愛車ビッグホーンで来訪。

寝屋川から数時間かけて来たとのこと。

「なぁ、大学の試験どないしたん?どこに電話してもつながらへんから来てん。」

だとさ。

南河内に来るなら吹田の大学行けたんじゃ??

でも友人に会えてホッとした瞬間でした。

彼は数十分在宅後帰路につきました。

|

« 上戸 彩 | トップページ | デザイン一新 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

あのニュースが飛び込んできた時は、日本で起こってる事とは信じがたい状況でした。
あれから11年…
表面的には復興しているのかも知れませんが、実際はまだまだなんでしょうね。
震災に対するケアをもっとやって欲しい、現在世間を騒がせてる”あの”ニュースを聞く度に

投稿: はな | 2006年1月22日 (日) 11時10分

そうですよね。つい先日も復興住宅での孤独死の話題を取り上げてたばかりですからね。
実は私も今世間を騒がしている1級建築士であり、なおかつ行政で建築に関わる仕事をしています。
先生と言われる職業(私は呼ばれませんが)にはいつも影があるなぁ、と思わざるを得ないニュースですね。

投稿: としぞう | 2006年1月22日 (日) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162119/8205709

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神・淡路大震災:

« 上戸 彩 | トップページ | デザイン一新 »